トップページ > FAQ(よくあるご質問)

FAQ(よくあるご質問)

  1. 1   美術大学に進学を希望しているのですが、いつ頃から支度すればよいですか?
  2. 2   科(専攻)が決まりません。どのような事を基準にすれば良いですか?
  3. 3   予備校選びは、何を基準に選べば良いですか(美術予備校の選び方)
  4. 4   学科の学習方法を教えてください。
  5. 5   絵は、たくさん描いて本当にうまくなるものですか?
  6. 6   子供の学習成果を知りたいのですが?
  7. 7   犯罪の多い現代、子供の帰宅時間が心配です。
  8. 8   合格者の氏名と合格校を明らかにできないのですか?
  9. 9   美術の事がよく解りません。親としてどの様に振る舞えばよいのですか?
  10. 10 入試以外の課題をなぜやるのですか?出来れば時間がないのでその課題のみやらせてください。
1美術大学に進学を希望しているのですが、いつ頃から支度すればよいですか?
●早期の支度がおすすめです●

通常、四年制の美術大学を希望されている場合は、高校二年生から始めると丁度良いと思います。もちろん興味を持ったその瞬間が始めるチャンス。より確実な準備が可能になります。
2科(専攻)が決まりません。どのような事を基準にすれば良いですか?
●職業または、やりたい事を決めて下さい●

美術系の科(専攻)を決定する基準は、将来希望する職業または、こだわりを持っている物事と直結します。さらに美術系の仕事を大学・予備校などから説明を受けて決めると良いでしょう。
3予備校選びは、何を基準に選べば良いですか?(美術予備校の選び方)
●良い予備校は浪人生の少ない予備校です●

高校三年生(現役生)の人数に対し浪人生が少ない予備校は、前年度受験生だった現役生と浪人生の多くが合格したということで、いわゆる「合格率の高い」予備校といえます。現役生と浪人生が同数、または浪人生の方が多い場合は「合格率の低い」予備校ということになります。なぜならば美術予備校の規模(生徒数)は極端に変動しません。また、普通大学志望生に比べ美術大学志望生は予備校を変えない傾向があるからです。予備校に対する質問内容に高校三年生と浪人生の在籍人数確認を加えてみましょう。
4学科の学習方法を教えてください。
●実技との両立を可能にする学習方法が大切です●

一見簡単そうな問題が多いのですが、以外と難しいのが美大の学科試験です。美術大学特有の出題傾向は確かにありますので、予備校に併設されている学科の授業を受講をおすすめします。そこで、美大学科の傾向と対策をしっかり把握して勉強に取り組みましょう。なお、一般の学習塾では必要範囲外の学習もあるそうで実技と両立するのは難しいそうです(生徒談)。
5絵は、たくさん描いて本当にうまくなるものですか?
●実技は経験量で決まります●

一番たくさん受ける質問です。最初から上手な生徒は一人もいませんでした。そして、今までうまくならなかった生徒も一人もいませんでした。なかなかうまく描けず不安になることが多いようですが心配はいりません。ただし速効性はなく段階的に上達するため多少の辛抱が必要です。
6子供の学習成果を知りたいのですが?
●ご報告は怠りません●

希望進路資料と出席状況、模擬試験、コンクール、学科テストの結果を年間二回お知らせします。また、より詳しくご質問、ご相談等を承れるようご両親との面談を二学期と入試前に設けています。
7犯罪の多い現代、子供の帰宅時間が心配です。
●本気で防犯には取り組んでおります●

夜間部の終了時間は、大抵の予備校が8時に設定しているようです。一番の対策は、交通の事も考えて近場の予備校を選ぶ事とご両親がお迎えに来ていただく事です。また、ご家庭から生徒の登下校を防犯WEBカメラで見る事ができますので帰宅時間が想定できます。(閲覧できるのは在校生のご家庭のみです。)
8合格者全員の氏名と合格校を明らかにできないのですか?
●個人情報は教えられません●

知りたいのは人の事、知られたくないのは自分の事です。アトリエでは個人情報保護に永年取り組んで来ました。入学されたすべての生徒の情報は、各自の許可なしでは一切公開いたしません。また、気楽に公開する予備校はいずれ貴方の情報も公開するはずです。
9美術の事がよく解りません。親としてどの様に振る舞えばよいのですか?
●精神的に支えて頂ければ助かります●

美術系でないご両親にとって、どの様にお子様に接していくかが大きな問題になるようです。美術指導はアトリエに任せて、家での健康・学科・アトリエへの出席管理をしっかりやってください。そして、制作した作品を見た時は、自信を持たせてあげることです。ご両親も不安はおありでしょうが、精神的に支えてあげることが大事です。
10入試以外の課題をなぜやるのですか?出来れば時間がないのでその課題のみやらせてください。
●合格させますので授業内容は私達にお任せ下さい●

ご両親の強い希望でやってみた事はあります。結果うまくいった子もいますが大半はだめでした。まず、何でも学科の学習と一緒にしないことです。いろいろな課題には、個々に役割があります。これは、体を鍛えることに似ています。例えば、形がとれない時は形がシビアな石膏像、質感・表情が出ないときは表情豊かな静物、構成がうまくいかない時は、センスを鍛える構成課題など不足していることを課題の幅で補っていく事が何より必要なのです。たとえ単品デッサンのみの入試課題でも、様々な課題の経験がより確実な合格を可能にします。


□ ご相談・見学 □

進路相談イメージ 美大受験に関するご質問やアトリエの見学を受付けております。事前にご連絡下さい。納得いくまで相談させていただきます。

□ 資料無料送付 □

パンフレットイメージ パンフレットイメージ アトリエの授業内容を詳しく知りたい方は、パンフレットをご請求下さい。無料でご自宅へお届けいたします。

□   MAP   □

地図イメージ