トップページ > 初心者の方へ

初心者の方へ

初心者の方へ

美術の仕事イメージ■ 美術の仕事は、センスや個性を活かせます ■

現代では、日頃からデザイン性の高い商品や製品に触れることが多く、誰もがこだわりの審美眼を持っていることでしょう。アート、芸術、美術、デザインなど、もはや生活と切り離すことのできないものとなりました。

身近な例としては、テレビや雑誌の広告・店舗などで売られている商品・車 ・飛行機・公共施設などのデザインはすべてデザイナーが関わりを持 ちます。御覧になっているホームページも卒業生の作品です。

この先美術の仕事は、さらに成長していく分野です。同じ商品を扱っていても 店鋪のデザインで集客が変わるように、ビジュアルだけに留まらず、あらゆる角度から五感を刺激する美術の仕事は、様々な職業とコラボレートしてさらなる発展を遂げるでしょう。

私達は、クリエーターになる第一関門として、芸大・美大合格のために最大の努力をさせていただきます。まずは入試課題で重視される基礎を徹底します。さらに将来性を引き出す厳選した課題内容とデータ分析であらゆる入試に対応します。そして少人数担当制を活かして生徒の個性とやる気を尊重します。

初心者でも安心して制作できるように、様々な悩みや疑問に応え、丁寧でわかりやすい指導を行ないます。



将来の進路と美大の学部

美術大学にはいろいろな学校・科・専攻があります。その入試内容は年々変化し、多岐にわたっております。まずは以下の事を知った上で対策を立てていきましょう

・ 美術の仕事 ・ 有名美術大学 ・ 実技課題と画材 ・ 学科レベル

■ 美術の仕事 ■

美術の仕事
■ 有名美術大学 ■

下に表示しました学校が歴史と実績のある有名美術大学です。

卒業生が社会に大きく貢献してきたので信頼があります。就職の時もかなり有利だと考えて良いと思います。

また、普通大学の教養学部美術科や専門学校は美術関係の仕事に就くとき多少の制限があるといえます。


1. 東京芸術大学

2. 多摩美術大学

3. 武蔵野美術大学

4. 東京造形大学

5. 女子美術大学

6. 日本大学芸術学部

■ 実技課題と画材 ■

実技課題と画材



■ 学科レベル ■

学科の内容は、大学や専攻する科によって違いますが、基本は英語と国語の2科目です。受験する大学の学科試験はどの科目が出るか調べておきましょう。

レベル的には基礎的な力が重視されていて、ひねった問題は少ないので中学生から高校生までの学習をしっかりとやっておきましょう。特に漢字、英単語、英熟語は日々覚えましょう。

学科と実技の比率は、各大学・科ごとに違いはありますが、レベルの高い大学は実技が重視され、レベルの低い大学は学科が重視される傾向があります。


□ ご相談・見学 □

進路相談イメージ 美大受験に関するご質問やアトリエの見学を受付けております。事前にご連絡下さい。納得いくまで相談させていただきます。

□ 資料無料送付 □

パンフレットイメージ パンフレットイメージ アトリエの授業内容を詳しく知りたい方は、パンフレットをご請求下さい。無料でご自宅へお届けいたします。

□   MAP   □

地図イメージ